サスティナブルな社会を目指して|株式会社シェアテック

株式会社シェアテック

サスティナブルな社会を目指して|株式会社シェアテック

メール

お電話

春に行われたタケノコ堀りの様子をお届けします!

更新日:2022年07月27日

投稿者:ITS事業部  中田

 こんにちは! ITS事業部の中田です。最近はどんどん暑さが増していっていますが、つい昨日からようやく半袖のYシャツに衣替えをしました。これまでは長袖しか持っていなかったのですが、半袖の快適さに驚く半面、もっと早く買えば良かったと後悔もしております。皆様も熱中症には十分お気をつけください。
 さて、今回のブログではそんな暑い時期から少し遡り、4月に参加させていただいたタケノコ堀りについてご紹介したいと思います。

タケノコ堀り初チャレンジ!

 この日は通常の業務を行っていたのですが、お昼過ぎにふと「タケノコ堀り行こう」と神子支店長より誘っていただき、唐突に参加が決まりました。向かっている最中にお話をお伺いすると、神子支店長の実家の山でタケノコが採れるとのことです。これまでタケノコ堀りは一度もしたことが無かったので、初めて経験するチャンスにワクワクしていました。大久保社長と神子支店長、そして自分の3名で現地へ向かいます。

ちょっとだけ見えるタケノコ
タケノコを掘る中田

 山に入るとさっそくタケノコを発見……! 見つけてくださったのは神子支店長でしたが、「掘ってみなよ」とスコップを譲っていただきました。タケノコはほどんど土の下に埋まっている為、発見するにはちょこっとだけ顔を出している先端部分を見逃さないようにしなければなりません。これが難しいんです……。
 スーツ姿にゴム手袋と、いかにも急に参加したという姿で地面を掘っているのが中田です。せめてネクタイは外せば良かったです……

掘り進めて見えてきたタケノコの全体
初日の収穫量

 堀り進めるとようやく全貌が見えてきました! かなりの大物です。なるべく根元の方でスコップを入れ、掘り起こすようにして収穫します。
 この日は何とか自分で他のタケノコを見つけたかったのですが、結局1本も発見することができませんでした。加えて既に野生の鹿や猪に食べられてしまった後だったようで、最終的には5本ほどの成果となりました。タケノコを見つけられることができない悔しさを抱えながら山を下りましたが、帰りに麦茶をご馳走になったので良い思い出へと生まれ変わりました。

リベンジ編

 初チャレンジから約一週間後、リベンジとして再び神子支店長とタケノコを堀りに向かいました。今回の目標はとにかく自分でタケノコを見つけることです! この日は前日まで雨が降っていたため、タケノコも成長してきてコンディションとしては最高とのことでした。

タケノコを発見!
下から掘り起こします

 山に入ってみると、開始1分でタケノコを発見! 明らかに前回よりも地中から出てきているタケノコの数が増えていました。たった1週間で再び伸びてきた成長スピードに驚きです。今回は自分で何本も見つけることができました!

 タケノコを掘りながら山を登り、同じ道を下るときには「どうしてこれを見逃したんだ」と思うような大きさのものがまた見つかります。神子支店長曰く、「目が慣れてきて、行きよりもタケノコを見つけやすくなっている」とのことです。

かなりのタケノコが取れました!

 タケノコを掘り起こす時には「モギュッ!」という音がして、発見した時と同じくらいの快感が得られます。最終的に初日の何倍もの量を収穫することができました! 上の2つの袋の中にもたくさん入っています。次々に見つかるため、時間を忘れるほど夢中で掘っていました。リベンジは大成功です!

大きなタケノコ
タケノコの天ぷらにしていただきました

 そして、持ち帰ったタケノコは天ぷらパーティにて美味しく頂きました。旬のタケノコの味はすさまじく、間違いなく人生で食べた中で一番おいしかったです! サイズも贅沢なまま食べられて最高の幸せでした。
 4月の気温が懐かしくなるほど最近は暑さが増していますが、夏バテや熱中症に気をつけながら精一杯頑張りたいと思います! 最近はコロナウイルスの感染拡大が再び話題になっておりますので、引き続き対策を心掛けながら夏を乗り切りたいです。

« »